TOP>美容コラム

『似合わせの法則』 

「その髪型似合う!」とか「似合わないね~」とか人は色々と言いますが、、本当に似合うとはどうなればいいのでしょうか??
偶然たまたま似合うという事は絶対にありえません!!
似合うには必ず理論と法則があるのです。 

(似合う理論と理由その1) 

ヘアスタイルの長さは洋服で言えば丈の長さです。
ワンピースにしても、ブラウスにしてもパンツにしても自分に似合う長さがある事はわかっていても、意外とその長さが、このデザインの時はこの長さがいいとハッキリしていないのではないですか?? 
ヘアスタイルも自分の輪郭や顔の大きさ(サイズ)、そしてプロポーションなどから似合う長さを探していきましょう!! 丸顔・エラ張り・下ぶくれの輪郭の方は、丸く見える、ふっくらみえる、張って見えるところよりも長めの方が似合わせやすい事を知っていて下さい。 
但し、似合わせ難い長さでもボリュームの位置で似合わせる事も可能な場合があります。 面長の輪郭の方はあごよりも長さが長くなってくるとより輪郭を長く見えやすくなります。但し、パーマなどで横にボリュームを出すとあごより下の長さでも似合わせる事が出来ます。 卵顔の輪郭の方はどんな長さでも似合わせやすいです。

 
 

 

(似合う理論と理由その2) 

洋服にサイズがあるように、ヘアスタイルにも似合うサイズがあります。
洋服で7号の人が9号を着るとぶかぶかだし、9号の人が7号を着るとピチピチになります。意外とヘアスタイルに関してはサイズを合わせるという発想があまりありませんが、顔の大きさにヘアスタイルのサイズも合わせないと顔が貧相に見えたり、太って見えたりします。

(似合う理論と理由その3)

前髪のデザインがとても重要です。
目の側にある毛、まつ毛・眉毛はその人の印象を大きく変える要素を持っています。前髪もまつ毛と眉毛以上に第一印象を特に変える力があるのです。 目の間隔が離れている人はパッツンの前髪はより目の間隔を広げてしまいます。目の間隔が離れている人は少し丸くカットした前髪の方が目の間隔を中心に寄せてくれます。 面長の輪郭の方はおでこを出さず重ための前髪が顔の長さを軽減してくれます。
丸顔の人はおでこを少し出して斜めの前髪か、もしくは少し空間のある透かした前髪が輪郭をキレイに見せてくれます。
 

(似合う理論と理由その4)

ヘアスタイルの形によって輪郭が細く見えたり、丸く見えたりします。
ボリュームが上にくれば顔は小さく見えてきます。下にボリュームがくると輪郭は横広くなります。 ボリュームが上にくれば顔の筋肉は上がって見え、下にボリュームがくると顔の筋肉は下がって見えます。よくカツラのCMで上に髪をのせると凄く若く見えたりするのはこのためです。

(似合う理論と理由その5)

最後に、似合うヘアスタイルに影響してくるのは色です。
美容室でするカラーにはまず明るさ・色味、そしてツヤによって似合わせていきます。顔を小顔に見せたければ明るくしすぎると膨張して顔が大きく見えたりします。老けた顔に明るすぎる色をもってくるとより地味に、ツヤのない肌に見せたりします。 同じ明るさでも赤味のカラー、黄色味のカラーによっても肌の色や顔映りが全く違ってきます。
 
このように、似合う髪型には必ず似合う理論と理由があります。
今回ご紹介したのはほんの一部ですが、ヘアスタイルを決める際にこの理論を知っていれば、失敗しないですよね!!
自分に似合うヘアスタイルにして、よりキレイになってヘアライフを楽しみましょう♪
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 |

新着記事一覧